カテゴリー
未分類

そんな無駄な会議!1時間で終わらせろ

どこの会社でもたいてい会議の時間は1時間に設定していると思います。
もちろん役員会議などは議題も多く、決断も慎重にしなければならない場合は2時間3時間もかかる会議もあります。
でも、そんな会議にあなたはめったに参加しンまいはずです。
あなたが参加する会議御はs子まで重要な会議じゃないはずです。

そこで今の参加している会議はダラダラとしていませんか?
人間の集中力はそう長くは続きません。
医学的には1時間程度が限界と言われています。

つまり人げの集中できる時間は長くて90分
それ以上の時間を会議を続けていてもほとんどの人は集中できていないのです。
しかも、会議に参加した人たちが密度の濃い有意義なディスカッションを期待するなら会議時間は1時間以内に抑えるべきではないでしょうか。

長い会議の時間を短縮したい?
それなら段取りも必要です。

毎回1時間で会議を終わらせたいなら周到な準備をしておくのです。

最初の15分で説明

次の30分で議論

次の10分で結論を出す

最後の5分で次の会議までどんな成果の確認ができるか?

そんな流れにすべきでしょう。

会議の主催者はこの時間配分を頭に入れながら議事進行を進めていきましょう。
そのために重要なのは説明資料の準備です。
そこに結論と健闘ポイントが明確に提示されていれば議論も的を絞ったものになります。
でもこの説明資料が曖昧だと議論するテーマがぼやけてしまいます。

また、複雑な議論が予想されるテーマなら予め会議出席者には説明をしておき、検討すべきポイントを絞り込んでおくことも必要です。
そうしないといつまで経っても会議での結論は導かれません。・

さらに会議の主催者の大事な役割はみんなの意見をわかりやすく提示するようにすることです。
例えば各会議参加者の胃炎や考えをわかりやすくホワイトボードに書いていく
そうすることで議論のテーマを的確に整理していくことが出来ます。
各人の意見や考え方をひとめでわかるようにしておくことで 、結論を導くことを助けなければいけません。
ロレックス ボロボロ 形見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です