カテゴリー
未分類

勉強で躓かないためには

やはり、一番最初である『小学生』のうちに勉強のやり方を身につけることが重要です。

やり方って……ただ、勉強すればいいのでは?

そう思うかもしれません。しかし、これは誤りです。

勉強をしない子にただただ「勉強をしなさい!」というのは逆効果でしかありません。

なぜでしょうか?

それは、『どうやるか』がわからない子に、ただ『やる』ことを押し付けてもやれないので、もっと勉強が嫌いになるだけだからです。

そもそも論として、勉強が嫌いな子の99%は『勉強ができません』。

なぜ勉強ができないかというと、『勉強のやり方がわかっていない』から身になる勉強はしていませんし、『できない→わからない→やりたくない→やらない』の見事なまでの負のスパイラルに陥っています。

その状態でただ『やれ』と言われても、言われた子供も困ってしまうわけです。

なら、そうならないためにはどうしたらいいか。

もちろん、学習の基礎が築かれる小学生の勉強をしている期間に『勉強のやり方』も『勉強の習慣』も身につけてしまうことです。

これが、もっとも無駄なく学習の流れに乗る方法だというのは疑いようがないでしょう。

しかし、それならその『流れ』に乗れなかった子はもう終わりかというと、そんなことはありません。

中学生、高校生でもしまだ『勉強のやり方』がわからないならば、わかるところまで戻ればいいのです。

基礎を築かないとその上には何も建たないので、もし小学生の勉強が中・高校生でわからなければ、小学生の勉強まで戻るしかありません。

それしか状況を改善する方法はありませんが、逆に言うとそれをきちんとやれば必ず改善できるのが義務教育の勉強です。

ですから、もし『勉強のやり方がわからない』という問題を抱えているならば、恥ずかしがらず迷わず『わかるところまで遡る』ことが唯一にして最強の改善方法です。

そういう勉強方法を教えてくれることに強みのある家庭教師サービスがあります。

それが『家庭教師のしろくま』とか『家庭教師のホワイトベア』とか呼ばれている家庭教師サービスです。

もしご興味があれば、下記リンク先に詳細記事があるので参考にしてみて下さいね。

家庭教師 しろくま ホワイトベア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です