カテゴリー
未分類

老人ホームの見学は施設よりもスタッフの態度をチェック

親の入る老人ホーム探しで一生けん命に集めたパンフレット
その中には新築ピカピカの綺麗な老人ホームからちょっと古い老人ホームもあるでしょう。
どうしてもそこで目が映るのが新しい綺麗な老人ホームですよね。
でも、そんな施設のきれいさに目を奪われてしまうとあとで取り返しのつかない後悔をすることもあります。

老人補ーmジュの見学で一番のちぇくポイントは施設のきれいさではなくスタッフの仕事のブリや態度なおです。

込んアスタッフばかりの老人ホームは気を付けないといけません。
・施設内を常にあわただしく走り回っている

スタッフがあわただしく走り回っている老人ホームh場明らかに人手不足の状態です。
それでは一人一人にかける介護における時間や質には不安が出てきます。
おそらく介護スタッフのシフトがうまく管理されていないか、職員の一斉退職があった可能性もありあmす。
施設長や幹部社員が変わると今までの人間関係が壊れて、一斉退職する介護スタッフが現れることもあります。
本部から派遣された施設庁や幹部職員は経営効率重視で現場をわかっていないこともあるからです。

・身だしなみがきちんとしていない
汚れたままのユニフォーム
茶髪金髪
大きな派手なアクセサリーを付けたまま勤務
そんな老人補ーmジュでは入居者に不快感を与えるだけでなく衛生面や安全面でも不安が残ります。
介護の仕事がしたいからではなく、介護の仕事しかつけない人たちばかりの可能性があるからです。

・ダラダラと仕事をしている

施設の雰囲気は】見学の際にもなんとなくわかるものです。
介護スタッフの働きぶりで
やる気がなくダラダラしjている
そう感じたのなら、あなたの直感は正しいといえると思います。

・入居者に子ども扱いする話し方で接している

よく入居者を
「◎◎ちゃん」とチャン付けで呼ぶ介護スタッフがどれだけ多いことか・・・
これって明らかに勘違いしています。
入居者は子供ではなくお客様なのです。

老人ホームを嫌がる親を施設に入れる手順