カテゴリー
未分類

超簡単なステレオたオーディオの防音対策

昔に建てられたマンションやアパートの壁って結構薄いんです。
ですからちょっとしたオーディオやテレビの音でもお隣さんから苦情が来ることもあります。
大きな音はだs亡き江kれ度、小さすぎる音では聞こえないし第一臨場感が出ません。
そのためにわざわざヘッドフォンで聴くというのもちょっと嫌ですよね。

そこでおすすめはオーディオたテレビの後ろの壁に「スタイロフォーム」という断熱材の板をかけておくのはいかがでしょうか?
この「スタイロフォーム」はホー0ムセンターでも売っていますし、なにより安価です。
これを壁や窓枠に立てかけておくだけでかなり防汚音性が高まります。

またオーディオんぼ音は壁だけでなく、床からも結構漏れていきます。
お隣だけではなく下の階の受忍から苦情が来ることもあるでしょう。

下の階の住人に迷惑をかけないためにスピーカーの下に座布団など柔らかい物を置くとかもかなりおすすめです。
音響効果には少し悪影響が出ますが、ご近所づきあいを考えたらそれもしかたありません。

テレビやオーディオの音漏れば置き場所にも工夫が必要です。
ぜひお隣のお部屋の間取りも調べられればベストです。
分からない場合はそのマンションやアパートの管理会社に相談してみてもいいでしょう。
壁の向こうがお隣の部屋の押し入れになるような位置にテレビやオーディオを置くという工夫も有効です。
お隣の部屋の押し入れがある程度のクッションになってくれるでしょう。

さらに音漏れに大きな影響いがあるのが窓の隙間です。
ほのわずかな隙間であっても音は漏れていきます。
窓や天井の隙間にパッキンを詰めたり、
ドアの隙間に気プラスチックのテープを貼ったり
いろいろと音漏れ対策はあります。

マンションやアパートでは良くも悪くも共同生活です・
ご近所さんとの無意味なトラブルを避けるためにも防音対策はぜひ考えておいてください。
ただ神経質な住人がご近所さんだといくら対策をしても苦情が止まらないこともあります。
吹き抜け 照明 電球 交換