カテゴリー
未分類

薬剤師が出向く時代!外来患者から在宅患者へ

薬剤師業界にも大きな変化が表れてきています。
いままでは処方箋を持って来店してくれる外来患者が主なターゲットだったかもしれません。
しかし、それも変わってきました。
今の医療需要は介護需要も大きくなってきているのです。
介護の需要がこれだけ府癒えてきている以上、待っているだけでは患者さんは来てくれません。
だからこそ今は薬剤師自らが患者さんの元へ行く時代になってきているのです。

つまり薬剤師さんのお客が外来患者から在宅菅あjへとシフトしていっていることを認識しておきましょう。
今まで通りの病院頼みの集客では薬剤師も食べてはいけません。
地域医療の担い手としてこれからお薬剤師は期待されているのです。

病院の外来規制など外来患者の減少の歯止めがかかりません。
薬局で商戦を待っているだけでは薬局の在り方では対応できません。
高齢者等患者さんは「痔や琢也施設にいる」以上薬剤足がそこまで出向かなければなりません。

その危機感を持っている薬局ではすでに自治体や地域包括ケアセンターにを回って、薬局での在宅黄綬体制をアピールしています。
サービス付き高齢者住宅などの開設情報を聞きつければ飛んでいき、完成後の施設訪問の段取りと付けている薬局もたくさんあります。
まだまだそんな薬局も全体では少数派ではありますが、今から素因あ取り組みをしていかないと生き残りをかけた薬局競争で負けてしまうのは自明の理です。

病院の前の門前調剤薬局でさえも、患者の待ち時間をどうするか?
色々な取り組みもしています。
処方箋を受け取った後、患者宅まで届けるサービスもしていることろもありあmす。
しかし、古い考えの薬剤師には「なぜそこまでしなくてはいけないのか?」を認識できずに、不平不満を抱えている薬剤師も少なくありあm線。
しかし、そんなことを言っていては薬剤師も淘汰されていってしまいます。
今は売り手市場の薬剤師でもいつか薬剤師が過剰になる時代もすぐそこなのです。
薬剤師 子育て 働き方