カテゴリー
未分類

デリケートゾーンのニオイはお風呂上りと朝にする

デリケートゾーンのニオイケアはニオイが気になってくる日中よりも、
お風呂上りとお出かけ前の朝が効果的です。

お風呂上りはニオイの原因となっている細菌が減っています。
そこに抗菌効果があるデオドランド剤を使うとニオイの発生が抑えられます。
そして朝のお出かけ前の着替えのタイミングでもさっとデオドランド剤を使うことでその効果の維持が期待できます。

汗御描きにくいとされる冬でも油断は大敵です。
自分では感じないけれど、厚着でしっかりとデリケートゾーンは蒸されています。
知らない間にあのにおいの元となるアポクリン汗腺からの汗が放出されているのです。
寒さ対策で暖かき洋服を着こめば通気性は悪くなり、臭いもこもります。
彼氏とのエッチの時に服を脱いだら「ムワ~」と臭っては最悪なんです。
なかでも冷え性だからといって保温下着は特に気を付けてください。

「温性が高い」 = 「汗をかきやすい」「通気性が悪い」
ということは知っておいてください。
どうしても寒いのが我慢できなくて保温下着を買う時には素材にも気を付けましょう。
その素材に
コットンが多いもの
吸湿速乾
消臭
抗菌
などの機能がある下着がおすすめです。
意外とシルクは保温性も高く通気性や吸水速乾性も高いので一年中履けるおすすめの下着素材です。

さらに陰毛が多いと汗と皮脂が混ざり合いやすく、その混ざり合た物が陰毛に絡みつきやすくなります。
陰毛がニオイの拡散もとになることも考えられます。
毛が濃い女性は夏に限らずデリケートゾーンの脱毛もおすすめです。
陰毛ってデリケートゾーンのニオイには大敵なんです。
陰毛を剃るというのもありですが、それでは彼氏とのエッチの時にちくちくしてしまう可能性もあります。
脱毛サロンで相談してみるといいですが、陰毛を全部脱毛してしまう女性も意外と多いそうです。

デリケートゾーンのニオイはいざという時ではなく、あらかじめきちんとしておくことをおすすめします。
イビサソープ 使い方

カテゴリー
未分類

男性の悩みのNO1

男性の悩み第1位が頭皮の悩みだと言われている。意外に男性は身だしなみや髪型、足元(靴)など色々気にするところがあるけれど。

頭皮だけはどうにもならない部位と言っても過言ではない。昔からハゲは遺伝だと言われていてどうしようもないとあきらめるしかない。
昔から育毛剤は売られているが、これが効いたと言う話を聞いたことが無い。ならば結局無駄な投資になるのだろうか。
男のロマン・・・ハゲのならない薬が開発されたらとんでもなく売れるだろう。今でも自分の頭皮を見て恐怖を抱いている人が何人いるだろうか。

出来るならば、今からでも頭皮のケアを始めた方が将来的にゆっくり目で進行するか、ダッシュで突き進むかが決まってくる。

今までは、はげると植えるしかなかった時代だけど、予防から始めることが出来るようだ。
それは、頭皮をケアすることで毛根の力や頭皮の若返りを促すことが出来るようだ。これは世の男性からすると嬉しい事ではないでしょうか。

頭皮洗浄・・・頭皮がきれいになります。
発毛促進・・・育毛剤を塗ります。
ヒト毛根細胞・・・毛根に適した栄養補給をします。
頭皮マッサージ・・・血行を良くします。
この4つのサイクルで頭皮の環境がどんどん良くなっていくようです。

育毛剤が必須アイテムだけど頭皮の状態を良くして行くためには必須アイテムとなっているようです。

ヒト毛根細胞も頭皮には大事で頭皮には栄養も大事です。畑の野菜もそうですが、土だけあってもおいしい野菜が出来ないのと同じで、畑(頭皮)があっても栄養を毛根に上げないと元気な野菜(髪)がフサフサするはずがないですよね。
なので、しっかり畑を耕して栄養を与えてふわふわさせて種をまくとしっかり元気な髪が目を出してくると思われます。
そこで必要となるのが、育毛剤などの商品選び。
自分に合った育毛剤を選ぶことで将来的に変わってくることは間違いないと言えるでしょう。
遺伝だからとあきらめる時代ではなくなってきているのがうれしいですね。
ヘアモ【HAIRMO】 最安値

カテゴリー
未分類

りんごは昔はよく食べていた。

子供の頃は冬になると箱で林檎を買ったり貰ったりして、冬は家に常にある果物だった気がする。もともとりんごが大好きではないけれど、果物は全般好きだったからシャキシャキした食感と果汁が多いりんごはよく食べていたと思う。
最近はというと、りんごを食べる機会は激減した。家族が買ってきても食べないし、自分で買う機会はほとんどない。まれに道の駅や直売所で見るからに美味しそうなりんごに出会ったら買うことがあるかもしれない。今でも果物は大好きだけど、同じ旬のものだったら、柿や柑橘類を買ってしまうのは大人になってから味覚や食の好みの変化があったからだろう。

いつからこんなにりんごを食べなくなったんだろうと思い返してみると、30代の初めにオーガニック食に傾倒している時期があって、その時は意識が高いつもりで食に気を使っていた。そんな頃たまたま実家が果樹農家の子が居て、有機栽培のりんごも育てていた。たまに果物をもらった時にすごく美味しかったこと、こだわって育てていて手間暇かけてること、子供の頃は家族総出でその子も手伝っていたこと、そして家族仲がすごく良いのが伝わってきて、応援したい気持ちから果物のセットを何度か注文した。りんごの時期には、色んな種類のりんごが送られてきて、思ってた以上に美味しかった事を覚えてる。無農薬のりんごを栽培してる木村さんが話題になっていた時期で、木村さんのりんごを使ったスイーツを食べたことがあったけど、それはそれで美味しかったけど、その子の家のりんご以上の感動はなかった。
それからその子も私も会社を辞めて疎遠になって、それからりんごも含めて注文はやめてしまった。
そしてオーガニック熱も健康志向も収まり、食べたいと思ったものを食べるようになってから、りんごを食べたいと思うことがなくなり、たまーに少しだけ食べるものになった。

今思うと、やっぱりりんごはそこまで好きではないけれど、想いの詰まった美味しいりんごだから食べたいって気持ちになってたんだろう。今でも色とりどりと品種の大事に育てられたりんごを思い出す。

青森りんご 格安