カテゴリー
未分類

デリケートゾーンのニオイはお風呂上りと朝にする

デリケートゾーンのニオイケアはニオイが気になってくる日中よりも、
お風呂上りとお出かけ前の朝が効果的です。

お風呂上りはニオイの原因となっている細菌が減っています。
そこに抗菌効果があるデオドランド剤を使うとニオイの発生が抑えられます。
そして朝のお出かけ前の着替えのタイミングでもさっとデオドランド剤を使うことでその効果の維持が期待できます。

汗御描きにくいとされる冬でも油断は大敵です。
自分では感じないけれど、厚着でしっかりとデリケートゾーンは蒸されています。
知らない間にあのにおいの元となるアポクリン汗腺からの汗が放出されているのです。
寒さ対策で暖かき洋服を着こめば通気性は悪くなり、臭いもこもります。
彼氏とのエッチの時に服を脱いだら「ムワ~」と臭っては最悪なんです。
なかでも冷え性だからといって保温下着は特に気を付けてください。

「温性が高い」 = 「汗をかきやすい」「通気性が悪い」
ということは知っておいてください。
どうしても寒いのが我慢できなくて保温下着を買う時には素材にも気を付けましょう。
その素材に
コットンが多いもの
吸湿速乾
消臭
抗菌
などの機能がある下着がおすすめです。
意外とシルクは保温性も高く通気性や吸水速乾性も高いので一年中履けるおすすめの下着素材です。

さらに陰毛が多いと汗と皮脂が混ざり合いやすく、その混ざり合た物が陰毛に絡みつきやすくなります。
陰毛がニオイの拡散もとになることも考えられます。
毛が濃い女性は夏に限らずデリケートゾーンの脱毛もおすすめです。
陰毛ってデリケートゾーンのニオイには大敵なんです。
陰毛を剃るというのもありですが、それでは彼氏とのエッチの時にちくちくしてしまう可能性もあります。
脱毛サロンで相談してみるといいですが、陰毛を全部脱毛してしまう女性も意外と多いそうです。

デリケートゾーンのニオイはいざという時ではなく、あらかじめきちんとしておくことをおすすめします。
イビサソープ 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です