カテゴリー
未分類

耳の後ろはクサイってマジ?自分じゃわからない

耳の後ろって臭い・・・
そんな話はよく聞きますよね
しかし、自分じゃわかりません。
まさか恋人や友達に「私の耳の後ろ クサイかどうか嗅いでみて」なんて頼めませんしね。

そこで調べてみると身体には8つのクサイ場所があるそうです。
①頭皮
②ひたいからはなにかけての「Tゾーン」
③耳の後ろから首のまわり
④両旨
⑤両脇
⑥背中のちゅしんぶ
⑦へそまわり
⑧陰部

これは人間の身体の中でも「皮脂の分泌の多い場所」だそうです。

このなかでもい耳の後ろはお風呂でもあまり意識的に洗わない方が少なくありません。
だからこそ「耳の後ろはクサイ」とい言われている理由かもしれませんね。
またちょいうど耳の後ろあたりというのは、他人の鼻の高さにもありますから、そのあたりも影響があるのかもしれません。

また体臭の原因は、身体から分泌された皮脂
というよりもその皮脂が時間の経過とい共に酸化してニオイの元となっていくのです。
ですから午前よりも午後
午後よりも深夜
のほうがニオピがきつくなるともいえます。

普通の方なら帰宅して晩御飯を食べてかレアshワーやお風呂に入るのだともいます。
ですから、そこからの時間御経過で身体のニオイが発生していきます。

身体のニオイが気になる方は
朝にシャワーをする
お風呂上りだけでなく朝も下着を着替える
なども効果的です。

また体から出た皮脂
つまり汗をかいたと感じたならこまめにデオドランドシートなどで拭く取ることも大切です。
耳の後ろは汗や皮脂がたくさん分泌される場所なので特に気を付けましょう。

少しでもこのあたりを意識することで体臭はかなり緩和されます。
みなさん、身体のニオイに無頓着だからまわりの人から「あの人 くさくない?」なんて言われてしまうのです。
日本人は本来 あまり体臭の強い方は少ないほうでした。
しかし生活は食べ物も欧米化しつつある現代うにおいては体臭も欧米化してきているのです。
そのうち日本人も香水を付けるのが当たり前になってくるかもしれません。
欧米の方はとにかく体臭のきつい方が多いですからね。
インナーブラン デリケートゾーン

カテゴリー
未分類

男と女の会話を船に例えるなら「男は航海」「女は漂流」

「もう、ほんとうちの旦那ってあたしお話を聞かないのよ・・・」
「彼氏と反していてもちゃんと聞いてくれているんだかどうか!」
そんな不満を持つ女性も多いのですが、spそもそも男と女の会話には根本的な違いがあるのです。
ですから、そこのところをきちんと理解していないといつまdめおそんな不満が出てきてしまいます。

男性はそもそもゴールの見えないようなとりとめのない会話は得意ではありません。
何気ない会話の中であっても、最終的にはどこかゴールを探しているのが男性の会話の特徴です。
しかし、女性の場合はどうでしょう。
女性はそもそもその会話にゴールがないことも珍しくありませんし、求めてもいません。
電話や立ち話でいつまでもいつまでも話していれるのはこれが理由です。
では、女性は会話になにを求めているのでしょうか?
それはズバリ「共感」のような気がしあmす。
女性は会話で相手から
「それ、わかるぅ!!」
と言われればすごく気持ちのいいものなんでしょうね、
しかし、このあたりはとても男性には理解できないのです。

会話の基本はお互いの「引き出しあい」かもしれません。
相手もまだ自分の知らない自分を引き出してあげることでじゃ岩が面白くなるものです。
自分のことではなく相手の人にフォーカスを当てた話題を選ぶようにすれば男と女の会話もきっと弾むと思います。

基本
男の話は航海
女の話は漂流
と例えられます。
世の男性は女性との会話に置いて、なにか目的地や回答を求めているのでないことは肝に銘じておきましょう。
じゃないと女性の長話につきあうことができなくなります。
ただただm」聞いてあげること
そして
共感してあげること
それが大事です。
よくモテてる男ほど聞き上手なのはそこれが理由です。

世の女性にとって自分の話を聞いてくれる
理解してくれる
そんな男性がモテるのです。

それが男性にとってどれほど辛くイライラするものなのか?
それを女性に理解しろ!というのが無理な話です。

チャットレディ 容姿